チミとぺ日記

北海道在住のある家族のあそびや体験を記録した日記

四国釣り旅行1

平成から令和へ、元号が変わる2019年のGWは10連休となり、我が家は四国へ釣り旅行に行くことにした。
四国はこれまでに行ったことがない。
イメージはうどん。県の名前もすぐに出てこない。というか覚えてない。行けば記憶に鮮明に残るだろう。
真鯛が釣れることでも有名だ。その他、北海道では釣れない魚に出会うのが今回の旅の目的だ。

さて、交通手段は?
飛行機でレンタカー、釣り道具はどうもって行く?て言うか飛行機がめっちゃ高い。片道だけで一家で20万を越える。無理。
フェリーは?どうせ10連休、時間はたっぷりあるし、レンタカーも必要ない。釣り道具も心配がない。これだ!
日程は、4/27~5/2で組むことにした。
滅多にない長期旅行、自車で自由な移動が可能な旅行なので、ばあちゃんを誘って一緒に四人で行くことにした、子供は大喜び。ばあちゃんはそれ以上に
大喜びしてくれたようだ。

フェリーの予約は2ヶ月前からで、2月27日の朝9時に予約開始。アクセスが集中し、やきもきしたが、なんとか予約ができた。
出発までの間、食事処を探したり、ホテルを予約したり、釣りが出来そうな港を探したり、車内ロッドホルダーを取り付けたり、ワクワクしながら2ヶ月が経った。
概略行程は
4/27(土)23:30小樽港発
4/28(日)21:15舞鶴港
舞鶴アーバンホテル泊まり
4/29(月)6:00ホテル発
鳴門渦潮を見ながら高知県
高知市でランチ
午後に須崎市
一福旅館にチェックイン
港で釣り
そうだ山温泉に入る
旅館の近くの居酒屋でカツオを食べる
4/30(火)朝イチで港で釣り
須崎市の名物モーニングを味わう
どこかで釣りをしながら愛媛県松山市
はしまや と言う地物の魚を中心としたお任せコースの居酒屋で夕食
プレミアイン松山に宿泊
5/1(水) 松山沖でタイラバで真鯛を釣る(子供と二人)、妻とばあちゃんは道後温泉
夕方、香川県高松市へ。
味の樹 と言う居酒屋で夕食
チサングランド高松に宿泊
5/2(木) 朝イチで製麺所のうどんを食べる
どこかで釣りをしながら瀬戸大橋を渡り、19時くらいまでに舞鶴へ、フェリー出港までどこかで夜釣り、23:50舞鶴港
5/3(金) 20:45小樽港着

いやぁ長旅。計画も2ヶ月越し。天気だけが心配。

さて、
4/27(土)小樽フェリーターミナルを2330に出港。子供は札幌~小樽までの車中で少し寝てしまったが、なんとか乗船できた。
さぁ、出発だ!

f:id:flyfisher417:20190506151043j:plain
f:id:flyfisher417:20190506151115j:plain

フェリーの旅は、新潟で仕事をしていたときに、一度経験しているが、今回は家族とばあちゃんも一緒なので、ばあちゃんと妻と子供の三人は和室にして、私はステートAの寝台にした。乗用車を乗せる場合、運転手分として含まれている。
和室はこんな感じ。
f:id:flyfisher417:20190506151148j:plain
畳三畳で三人が並んでギリギリ布団が敷ける。十分だ。
ステートAはこんな感じ。
f:id:flyfisher417:20190506151253j:plain
寝るだけなら大丈夫。でもマットが固く、畳で寝ているようだ。
夜中の出港なので、まず、寝る。

が、なくなか眠れない。というのも部屋の目の前がトイレで、ひっきりなしにドタンバタンとドアの音が…船の揺れは気にならなかったが、位置が悪かった。翌朝は7時頃に目が覚めた。
これからまだ14時間かかる。長い。

10:15からビンゴ大会をやるらしい。午後にはシアターで子供向けの映画もやるようだ。
一通り体験していこう!
f:id:flyfisher417:20190506151948j:plain
f:id:flyfisher417:20190506152022j:plain
f:id:flyfisher417:20190506152112j:plain
f:id:flyfisher417:20190506153223j:plain
何だかんだで、風呂にも入って、部屋で本を読んだりくつろぎながら舞鶴港には21:45に到着。
ここで、妻の口内炎がひどいとのことで、急遽ドラッグストアーへ直行。薬を探していると、「冷やしたぬきうどん」と言うカップめんを発見。「冷やし」?どゆこと?気になるが帰りにしよう。口内炎の薬を買って、ホテルへ。
舞鶴アーバンホテル。
http://www.urbanhotel.net/access/index.html
セミダブルで素泊一人4,090円。寝るだけなので十分。ロビーには無料のコーヒーがあり、1階はなんとインドカレー屋さんと言う面白い組合わせ。
フロントの男性もユーモアがあり対応よく、うっかりキーをインロックしたのにも快く対応してくれた。

さあ、明日は早起きして四国まで移動だ。
6時出発、5:30に目覚ましをセットして、ビールをひとつ飲んで就寝した。

四国釣り旅行2へつづく。