チミとぺ日記

北海道在住のある家族のあそびや体験を記録した日記

川で過ごした一日 2020.6

新型コロナウイルス感染拡大防止のための緊急事態宣言が発令され、外出を自粛し、外遊びもなかなか出来ない生活が長く続いた。



子供の小学校も臨時休校が約二ヶ月半。
家での自主学習を余儀なくされ、お父さんの仕事も1/3の出勤、2/3は在宅勤務となり家族がみんなで家にこもる日々。



好運なことに親族や周囲に感染した人はこれまで出ていないが、マスクや消毒など感染予防を徹底し、例年のような外遊びも相当自粛となった。



家での過ごし方は、ゲームやネット動画配信サービスの31日間無料体験を活用してドラゴンボールの第一話から続けて数話イッキ見など、家族で楽しめる遊びを見つけて過ごした。



朝昼晩の食事を共にする時間が増え、子供が料理を進んで作ってみたいと意欲を見せて、スープパスタや麻婆豆腐など、なかなかの腕前を見せてくれたり。


時間はたくさんあったのでフライを巻いたりジグの補修など、釣りの準備もすることが出来た。



緊急事態宣言が解除となり、やっとこ釣りに出かけるのも気分的にアズマシクなってきたかな。



例年ならどこに行っているかね~
礼文華にカレイ釣り&イチゴ狩り、川は水量が収まって子供も渡れる時期になったろうか。



よし、川に行ってみようか。



土曜の天気は曇、最高気温は15℃。少し寒い。
朝食は、妻のお手製ローストビーフサンド、スコーン。昼はカップラーにしよう。
魚が釣れたら一匹だけたき火で食べたいね。






朝早く、川へ向かった。
車のなかで朝食を食べて、川に着くと少しひんやり。カッパの上を着て行こう。
ブヨがちょっとうるさい。


茂みを抜けて川に出る。
川の水量はというと、ちょうどいい。
よし、いいね。やってみよう。

f:id:flyfisher417:20200608122532j:plain

基本は餌釣り。
フライロッドも予備で持っていく。

安全に渡れることを確認したので、上流へ向かおう。
f:id:flyfisher417:20200608122746j:plain



いつもの溜まりの手前ではライズが。
よし、ドライで狙ってみよう。
すると。
f:id:flyfisher417:20200608122926j:plain


さい先いいね。
キレイなヤマベ。
f:id:flyfisher417:20200608123207j:plain

さぁどんどん釣るよ。
いよいよ深みへ。


子供は一匹めをフライで釣ったので、次はお母さんと、先を譲ってくれた。
余裕が伺える。
これまでなら、自分が一番にっ
というところだったが、人のことを先にという気遣いは、成長の証か。




数回流すと竿がしなる。
太い流れに銀色があちこちへ走り回る。
楽しい瞬間。


大きいかな?慌てない、抵抗が弱まってからランディング。

f:id:flyfisher417:20200608123147j:plain
やったね。


子供も負けてない。
深みにガン玉をいっぱいつけて底付近を流すと、ガッとアタリ、竿が大きくしなって、ジャンプ!ジャンプ!


さっきのよりデカイっ。
慎重に~落ち着いてっと言うお父さんが一番気が気でなく、横の子供を見ると、あら冷静。


無事ネットに収まったのは、30cmちょいのニジマス
f:id:flyfisher417:20200608124138j:plain
f:id:flyfisher417:20200608124153j:plain

きれいだね。
優しくリリース。


次の溜まりへ移動。


風が少し出てきて、体感温度はやや低く、そしてなかなか釣れなかった。
粘ってお父さんが15cmくらいの一匹かけたのみ。
f:id:flyfisher417:20200608124443j:plain

ちょうどいい大きさかなと、お昼ご飯用にキープさせてもらう。


そうしていると、お腹がすいてきた。
ご飯にしよう。


まずはたき火の準備。
みんなで枝を集める。
f:id:flyfisher417:20200608124635j:plain


魚の下ごしらえは子供にお願い。
f:id:flyfisher417:20200608124715j:plain
f:id:flyfisher417:20200608124824j:plain
f:id:flyfisher417:20200608124844j:plain

枝を削って串を作ろう。
f:id:flyfisher417:20200608124916j:plain

そしたら串刺し。
f:id:flyfisher417:20200608124953j:plain
f:id:flyfisher417:20200608125012j:plain

上手にできました。

つぎは火を起こそう。
f:id:flyfisher417:20200608125138j:plain

火が落ち着いたら、焼きましょう。
遠火でじっくりと。
f:id:flyfisher417:20200608125258j:plain


その間に、カップラーをいただく。
肌寒いので温まる。

f:id:flyfisher417:20200608171831j:plain


まだ、焼けないかな。
f:id:flyfisher417:20200608171929j:plain

煙にいい具合に燻されて、脂が滴る。
もう少し熟成させたいけど、食べちゃおう。


んー、いい感じ。
いただきます。
f:id:flyfisher417:20200608172101j:plain

f:id:flyfisher417:20200608172119j:plain
f:id:flyfisher417:20200608172155j:plain

ウマーイ!

みんなで一尾をわけあって、美味しくいただきました。
ごちそうさま。

f:id:flyfisher417:20200608204649j:plain

たき火を消して、今度は下流に行ってみよう。


下流にはまたいい感じの落ち込みがあった。
知らなかった。


雰囲気は最高。
まずは子供が流してみる。



アタリはある。



石をめくってクロカワさんを調達。
これでどうだ。




流しきったところで竿がグンと引き込まれて水中に銀色がうねる。
レッドバンドが鮮やかに反射した。
ニジマスだ、けっこうデカイ。



と思った矢先、ラインのテンションはなくなりバレてしまった。



悔しい思いをしたが、子供の立ち直りは早かった。
エサのミミズがなくなったので、妻が現地調達と土を堀り、地産ミミズをゲット。
子供もミミズ捕りに夢中。



地産ミミズで再チャレンジすると、バレてしまったものより大きくないがニジマスが釣れた。

f:id:flyfisher417:20200609080705j:plain


気づけば川に入って11時間が経とうとしている。

久々のたき火、川魚塩焼き、そして何より自然に出ての釣り。



川で過ごした一日はあっという間。
充実した時間を噛み締めながら帰路についた。



晩ごはんは作る気力がないので、ドライブスルーでこうなった。

f:id:flyfisher417:20200609081340j:plain

そうそう、釣りの合間に妻がフキを収穫。
もう赤くなりはじめているが、中でもまだ青いのを探してとってくれていた。

五分ゆでてアク抜き、皮剥いて保存。
しばらく煮物と味噌汁で楽しめそうだ。
f:id:flyfisher417:20200609083455j:plain

今度は湖にカヌー釣りに行きたいね。
なるべく人に会わないで、どこに行こうか。