チミとぺ日記

北海道在住のある家族のあそびや体験を記録した日記

遠軽・興部出張

仕事で遠軽と興部の支店へ。


木曜の朝イチ6:55発の特急オホーツクに乗り込み3時間半、遠軽に到着。


早速、支店で業務をこなし、昼食。

マルワ
〒099-0416 北海道紋別郡遠軽町大通南3丁目2−10
0158-46-3900
https://maps.app.goo.gl/sD3BeJXQy73LgMom8

ステーキがあるとの事、結構賑わっている。

f:id:flyfisher417:20200911160456j:plain

メニューもいろいろ。
オホーツクだからホタテかな、と思いホタテフライカレーを注文。

f:id:flyfisher417:20200911160612j:plain

f:id:flyfisher417:20200911160654j:plain

ホタテが小さくてガックシ。
カレーは懐かしい感じで辛さゼロ。
ちょっとこれで1,000円は・・・。


午後からの仕事も終えて、本日の泊まりはここ。
ビジネスホテル タカハシ
〒099-0405 北海道紋別郡遠軽町岩見通北1丁目1
0158-42-2188
https://maps.app.goo.gl/6o1arXVsD36bB3gVA

小綺麗にしていてクーラーもあり快適だった。

支店の方々と、懇親会。

おじゃる家
〒099-0415 北海道紋別郡遠軽町岩見通南2丁目1−1
0158-42-5555
https://maps.app.goo.gl/mRHgccApUJUrG66F9

気さくなマスター、油淋鶏やジャンバラヤなど、盛りだくさんコース。

釣り好きの若者と交流でき、次の釣行を約束して、楽しみがひとつ増えた。

遠軽町の飲み屋街はなかなかいい雰囲気だ。
f:id:flyfisher417:20200911164646j:plain
f:id:flyfisher417:20200911164709j:plain
f:id:flyfisher417:20200911164735j:plain

久々のスナック。
マイクの感染予防など十分に気配られた店内で、ステキナイツを楽しんだ。
どういう訳か、虹と雪のバラードをママとデュエットすることに。



さて、そろそろと思いきや、遠軽ナイツは終わらない。

ごっつもりもり
〒099-0404 北海道紋別郡遠軽町岩見通南 099-0415, 11号 3番地 1丁目
0158-42-4966
https://maps.app.goo.gl/b8oYN2pE3yML378W8

f:id:flyfisher417:20200911165221j:plain

ここでまさかのこのサイズ
f:id:flyfisher417:20200911165309j:plain

そして謎の丼がノルマとして渡される。
f:id:flyfisher417:20200911165411j:plain


若い頃、お客さんをこんな時間まで連れ回し、最後にカツカレーラーメンを食べさせていたあの頃の記憶が蘇る。

その報いか。甘んじて受けようじゃないかという気持ちで、有難く頂いた。


当然という顔で完食したが、ビールはさすがに飲めなかった。


翌日は紋別へ。

昼食はここに

カフェレストランかど
〒094-0001 北海道紋別市北浜町2丁目8−30
0158-24-5187
https://maps.app.goo.gl/qDAAVMj1JAzcjLqN9

油淋鶏定食が、オススメとのこと。
そういや昨晩の居酒屋でも食べたような。

まぁいいか
f:id:flyfisher417:20200911170008j:plain

f:id:flyfisher417:20200911170032j:plain

f:id:flyfisher417:20200911170051j:plain

そうきたか。揚げた上に鉄板。
酸味のある油淋鶏ソースをかけると、ジュワーといい香り。美味そう。
熱そう。



火傷しないようにいただく。
外はカリカリ、中はジューシー、うまい。
鉄板なので最後までアツアツ。


午後、今度は興部の支店の方と合流。


途中、興部の道の駅でトイレ休憩。

f:id:flyfisher417:20200911170831j:plain
f:id:flyfisher417:20200911170859j:plain

興部牛乳の飲むヨーグルトをいただく。
あっさりしていて、牛乳に近い。
後味もスッキリ。



仕事を一通り終えて、今晩の宿は

ペンション鈴木屋
〒098-1604 北海道紋別郡興部町字興部春日町126−4
0158-82-4649
https://maps.app.goo.gl/NkYUw2ZmR7svGSi26

ありがちな、クセの強めの女将さん、職人気質な旦那さん、部屋は小綺麗で、夕食を兼ねて宴会となった。

f:id:flyfisher417:20200911170736j:plain

f:id:flyfisher417:20200911171028j:plain

そして今夜も、スナックだ。
宿から送りの車を出してもらい、またまた場末感たっぷりのレトロなお店へ。

f:id:flyfisher417:20200911171316j:plain

意外な人の、意外な選曲とパフォーマンスの高さに感動し、アンサーソングにも熱が入った。


今晩もぐっすり就寝。


翌朝、旅先のホテルではあまり朝食を頼まないのだが、今回はペンションとのことで食べることに。
f:id:flyfisher417:20200911171552j:plain

f:id:flyfisher417:20200911171615j:plain

f:id:flyfisher417:20200911171636j:plain

全てが、結構かなりしょっぱい。
興部牛乳が濃くてうまかった。


午前中の仕事を終えて、紋別へ向かう前に、興部の道の駅にまた寄った。
f:id:flyfisher417:20200911172126j:plain
f:id:flyfisher417:20200911172329j:plain

日によって、ソフトクリームの生産者が変わるらしく、本日はノースプレンファームというところ。


地元の方曰く、ブルーグラスファームという雄武町のチーズやさんのソフトクリームが美味しいのだとか。


今日は残念ながら違うところだが、牛乳感強め、すぐ溶ける滑らかな食感、ちょっと甘すぎ。


昼食は紋別でラーメンを。
その前に道の駅にも立ち寄り。

有名なカニの爪のオブジェクトがあった。
f:id:flyfisher417:20200911173116j:plain

さて、ラーメンはここ

ラーメン西や ガリンコ本店
〒094-0031 北海道紋別市海洋公園1
0158-24-1331
https://maps.app.goo.gl/ANt536Lw9UyXiEJE8

f:id:flyfisher417:20200911173423j:plain
f:id:flyfisher417:20200911173451j:plain
さかなクンも来てるのね。


f:id:flyfisher417:20200911173525j:plain
とんこつこってり味噌系がうまいらしいが、メニューの先頭はとんこつ塩だ。


あえての魚介だしあっさり塩のオホーツク塩ラーメンを注文。
f:id:flyfisher417:20200911173549j:plain

見た目通りの観光客向けではあるが、スープはうまし。

先輩はガラムマサララーメンを食べていた。攻めてるな。

遠軽駅から14時台の電車で帰るのに少し時間がある。


いろいろ視察に付き合って頂くことに。

上湧別の道の駅。
f:id:flyfisher417:20200911173859j:plain

温泉付きの道の駅。

続いて、あいにくの小雨がパラつく中、コスモスが見頃の太陽の丘公園、コスモス園へ。

f:id:flyfisher417:20200911174049j:plain

天気が悪く、なかなか映えないが、広大なコスモス畑は満開で、結構すごい。
f:id:flyfisher417:20200911174125j:plain


本日二つ目。
f:id:flyfisher417:20200911174156j:plain


2種類から選択出来たが、バニラソフトクリームにしてみた。

f:id:flyfisher417:20200911174215j:plain


どうぞと手渡されたのは、ハードクリーム。
斜めになっても立ってるな。

てんさい糖以外は生乳との事、添加物なし、甘さを控えたスッキリ味、これは美味い。

レシートと一緒に、コスモスのタネも頂いた。


もう少し時間があるので、遠軽と言えばここ。
瞰望岩(がんぼういわ)。

f:id:flyfisher417:20200911174731j:plain

f:id:flyfisher417:20200911174803j:plain

f:id:flyfisher417:20200911174826j:plain

f:id:flyfisher417:20200911174847j:plain

f:id:flyfisher417:20200911174930j:plain

f:id:flyfisher417:20200911174955j:plain

遠軽町公式HPより)
>
地上から約78メートルにそびえる瞰望岩(がんぼういわ)は、アイヌ語で「インカルシ」、見晴らしの良いところという意味です。えんがるの町名はこの言葉に由来するほど、瞰望岩は町のシンボル的な存在で、町のあらゆる所から望むことができ、その場所ごとに表情が変わります。アイヌの人々の古戦場となったドラマチックな伝説もあります。頂まで登ってもわずか数分、素晴らしい眺望が広がります。北海道自然百選にも選ばれました。
 また、瞰望岩は、平成23年2月7日に、国指定名勝「ピリカノカ」の構成資産として、オホーツク管内で初めて指定されました。
>

頂上には転落防止の柵はない。

けっこうスリリング。



最後まで付き合って頂いた支店の方々にお礼をして、遠軽駅から札幌へ帰路に着いた。