チミとぺ日記

北海道在住のある家族のあそびや体験を記録した日記

チャルメラの向こう側

俺達はついにたどり着いた。

チャルメラの向こう側へ。

確かにすぐそこに在るのだが、実体を掴むことができない存在。


まるでゴースト、蜃気楼。


どうしても知りたい。その味を。



伊達に引っ越してからもうすぐ1年経とうとしているが、やってみたいこと・確かめたいもことの一つに、チャルメラの謎がある。


ちなみに、一つは、公園のリス。


登校中の子供は何度も見ているが、お父さんは見たことなかった。


これは最近の朝のウォーキングで今のところ確率10割で見られるようになった。
これは確認済み。



次はチャルメラの謎だ。




春。
チャルメラの音が聞こえることがある。



夏。
どうやら金曜の夜に聞こえる。



秋。
だいたい20時くらいだろうか。


冬。
家の前を通ったのを見たぞ。
一瞬しか見えなかったが、トラックだ。


赤い提灯がついていた。



気になる。
気になって気になって、夜しか眠れない日々が続く。


これまでに分かった情報と課題を整理するため、家内会議を開催。

・金曜の夜、20時過ぎにだけ現れるようだ

・形態はトラックで、荷台が屋台になっていると思われる

・荷台に上がって食べるのか、テイクアウト方式なのか

・どうやってトラックをつかまえるのか

・もしかして電話で誰かが毎週金曜に出前しているのか、曜日ごとに街から街へ流しているのか

・20時過ぎに夕飯としてラーメンを食べる事について、肉体的に、精神的に耐えられるか


1番の課題は、食べたいが、時間帯が遅いことだ。


通常、夕飯は18時から19時。
当然、20時過ぎまでは待ってられない。

さらに、食べられたとしてもすぐに子供の寝る時間が迫る。
きっと眠い。


幸いなことに、集会は金曜の夜なので、次の日は学校休み。
寝る時間は少し遅くなるが、眠さには少し耐えてもらおう。


18時頃に軽く何かを食べておくことで、空腹にも耐えられるだろう。
妻には早めにおかずを仕込んでもらう。



もしも、チャルメラに巡り逢えなかった場合は、悔し涙のしょっぱいインスタントラーメンで再戦を誓おう。




よし、決戦は金曜日。
俺達はついにチャルメラの謎に迫る覚悟を決めた。


問題発生。



子供が学校から帰ってきて、17時まで外で雪合戦やら走り回ってクタクタで帰ってきた。

相当楽しかったようで、嬉しい限りだ。

しかし
マズいぞ。


冷えたからだを温めるため、帰宅後は風呂へ直行。


マズいぞ。
来るぞ。



「腹減ったぁ~!」


すかさず妻が呪文を唱える
ホイコーロー

会心の一撃
飯が止まらない。


良いだろう、食べたい時に食べるといい。
次にお前は「あ~眠い」と言う。


「満腹~、あ~眠い」

だがミッションは続行だ。


20時。
テレビも付けず、ひっそりと獲物を待つハンターのように耳を澄ませる。


チャルメラは聞こえない。


堪らず外に出て巡回するも手がかりなし。


寒いが窓を少し開けて、遠くの音もキャッチするとしよう。


20:15
微かにチャルメラの音が聞こえる。

外に出るが見当たらない。
そのうち、音が途切れた。
え?終わり?

いや、誰かが注文したに違いない。
少し待てば・・。


20:30
聞こえる!外に出る。
近い。さっきより近い。

隣の通りまで行くと、トラックが!


スマホのライトを点けて、手を振ってみる。

パッシング!・・応えた!

やった!
ついに、家の前にあのトラックが。
f:id:flyfisher417:20220219165600j:plain

めん道楽 って言うんだ。

おじさんが降りてきて、荷台に上がる。
「入んなさい」
子供を呼んで、お邪魔します。
f:id:flyfisher417:20220219072234j:plain
(撮影許可をいただきました)


うわぁこんな風になってんだ。
店だね。

メニューは、カレーラーメン800円とラーメン味噌 塩 醤油 各700円のみ。

カレーラーメンと味噌、塩を注文。


「えっと初めてなんですがシステムが分からなくて・・」


「ああ、発泡のどんぶりに入れるから、持って帰って家で食べてもいいし、ここで食べてもいいし」

持って帰る事に。


出来上がる間、少しお話を。


脱サラしてこの移動販売だけで35年続けていらっしゃるそうで、登別から来ているとのこと。

昔は奥さんと2人で遠くは長万部、八雲、岩内まで行っていたとか。

お休みは基本的に無し、サラリーマンの方がよっぽどいいよ、と誇らしげに笑っていたのが印象的。


伊達には金曜の夜に毎週来ているそうで、良かったら次から電話くれたらここに来られるよとのことで、番号を教えて貰った。

「転勤族かい?どこから来たの。伊達は住んでみてどうだい?」


何故転勤族とわかる。
長くこういう仕事してると分かるのかな。


次に食べたい時は、電話することができる。


f:id:flyfisher417:20220219165644j:plain

さぁ出来上がってきたぞ。


代金を支払い、お家でいただきます。
f:id:flyfisher417:20220219165744j:plain

いゃぁ圧巻。
チャーシューめちゃでかい。
20:33。罪悪感高め。


カレーラーメン
f:id:flyfisher417:20220219165817j:plain

味噌ラーメン
f:id:flyfisher417:20220219165936j:plain

塩ラーメン
f:id:flyfisher417:20220219170010j:plain


いよいよ、いただきます。
f:id:flyfisher417:20220219170052j:plain

太めの麺は、つるつる食感。
長さが短めなのが特徴。

カレーはあっさり目だがスパイス利いている。うまし。

味噌もあっさり目だ。一味がパンチある。
うまし。

塩、一瞬醤油に見えるが、しお。
止まらないうまさ。

なんと言っても、チャーシューが絶品。

f:id:flyfisher417:20220219170355j:plain
f:id:flyfisher417:20220219170441j:plain
f:id:flyfisher417:20220219170420j:plain

大満足、超満腹。

果たして寝られるのか。


今度食べる時は、電話で予約してもう少し早めに食べられると良いのだが。


こうして、チャルメラの謎が解けたとともに、この町の楽しみがひとつ増えた。


次は何かな。
そういや噴火湾の恵みをまだ味わっていないな。


それはまた改めて記すとしよう。