チミとぺ日記

北海道在住のある家族のあそびや体験を記録した日記

初夏の釣りいろいろ

藤棚の花が咲き始めた。



開拓の杜の植物は時間差で色んな花が見られてうれしい。

今日は土曜日、川にでも行ってみるか。
1時間半ほど車を走らせ、地図でてきとうに見つけた河原へ到着。

蝉の鳴き声が、春から初夏へと季節の移ろいを感じさせる。

いい時期になってきた。



水量がやや少なく勾配も緩いのでポイントが乏しいようだか、やってみよう。

「なんでもいいから、キラキラの川の宝石見たいね」

そうね
何がいるかな。


久々のフライ、キャスティングの感覚を取り戻しながらと。

かなり小さい魚がドライに反応。


が、なかなか釣れない。
魚が小さすぎだな。

フッキングすると、飛んでくるサイズ。

キラキラには違いないが、可愛すぎる。


妻は少し大きめを

ほとんど同じか。

ここで、お腹がすいたのでラーメンタイム。

今日は、赤いきつねと、袋麺にしてみた。

玉子とネギを持ってきた妻はナイスプレーだ。

お腹もいっぱいで、後半戦。

始めた途端にサイズアップ。


「あの落ち込みの、奥の岩の淀み、あの狭い隙間に落としてみたら、出たよ」

なかなか狙いどころも渋い釣りをするようになったね。

お見事。


ここぞという落ち込みがあったが、なんとキューちゃん


でもなんかキレイな模様。




なんか背中のザラザラ、ウグイってこんなだったっけか。


それ以降、なかなか釣れず、ポイントも無くなってきたので、帰ろうかとした時、妻が足元に何かを発見。


これはアリジゴクだな。

でも、ホントかな。

子供はアリを捕まえて、ゴメンねと、地獄と思われる穴へ。

中央から何か、ものすごい速さで、掴んだり、這い上がろうとするアリに砂をかけて落としたり、実態は見えないが、たしかにアリジゴクは居るようだ。


地獄の主を少し砂から出して観察。

へぇーこんななんだ。


見渡すと、そこらじゅうアリジゴク。
アリジゴク地獄だね。

地獄観察していると、なにか甲虫の、キラキラしたキレイな羽を見つけた。

(家で顕微鏡で見て見た)

さて、車まで歩いていると、また見慣れない昆虫が。

少し飛んでは歩き、近づいてもなかなか逃げない。


これは、ハンミョウだな。

調べるとアイヌハンミョウというのだそうだ。

頭の方がメタリックで、キラキラしてキレイだね。


思いがけず、「キラキラしたものが見たいね」についてはコンプリートか。


さぁ明日はヒラメ釣りだ!