チミとぺ日記

北海道在住のある家族のあそびや体験を記録した日記

潮干狩りをやってみよう

「結構採れますよ、あそこ。砂掘るとすぐ出てくるし、子供と行くとちょうど遊べるんすよ」


会社の同僚に聞いたその場所は家から30分くらい。


今週の日曜は遠出出来ないので、近場で遊ぶのにちょうどいい。


今日は大潮、7:30頃が干潮なので、あまり早起きしても疲れるので、それを目がけて出かけた。



到着すると
ガチの方が胴付きを履いて腰まで浸かってモゾモゾしている。


そこまでは行けないので、長靴の範囲で。


とりあえず、目標無しに掘ると

これかな、アサリかな

なんだか分からんが採れるぞ。

深いところにはこんなのも


大きいのがとれるとうれしい

子供が面白いのを見つけた。

ツメタガイというのだそうだ。

他の貝の殻に穴を開けて、中身を食べるのだそう。

へぇーよく知ってるね。

お、カニの住処発見。


2時間ほど遊んで、入れ物がいっぱいになったので、上がることに。

1度家に帰って、砂出しのために塩水に入れて冷蔵庫へ。


天気が良いので、近くに釣りに行こう。

でも釣れたのはコイツだけ。


こちらもてきとうで上がろう。
しかし暑いくらいの天気。


今年1番くらいだね。
そうなりゃ

こうなるな。

レイクヒルファームのジェラートは大人気。
行列になってたな。

人出が戻ってきた感があるな。
ウンウン。


帰宅して貝の様子を。


1番多くとれたこの貝はどうやらアサリのようだ。


次に少し茶色くて、平たいこの貝は、イソシジミらしい。


この貝、最初はホッキかと思ったが

子供が発見。

黒い殻の端の方に茶色の薄皮があり、よく見たらイソシジミが大きくなったもののようだ。


そして、これはミル貝のようだ。


ミル貝を、刺身にしてみた。

美味しいのだが、なんか喉がピリピリする。。。やめよう。


イソシジミの大きいやつを、焼いてみた。

香りはよい、砂だらけ。
食べられない。


んー、先ずは砂出しに時間をかけて、しっかりと食べられる状態にしよう。

すぐ食べられないのが玉に瑕。

なにか魚を釣って、採ったアサリでアクアパッツァしてみたいね。


後日追記

アサリは酒蒸しと

パスタに


イソシジミは味噌汁に


いずれも、極上。
リピート確定。