チミとぺ日記

北海道在住のある家族のあそびや体験を記録した日記

夏休み2019カヌー旅 4

阿寒のひょうたん沼でのカヌー釣りを終え、セイコーマート大鵬煎餅とまりも羊羮を買ってから足寄町を目指した。

道中、特に立ち寄るところもなく、順調に進み、キャンプ場へ到着。

足寄町里見が丘キャンプ場
〒089-3732 北海道足寄郡足寄町里見が丘
0156-25-6300
https://maps.app.goo.gl/yYWga5PBkQ4KziEx7

管理人のおじさんと少し話をして、無事にバンガローを確保。
f:id:flyfisher417:20190822183355j:plain
f:id:flyfisher417:20190822183030j:plain
6人まで泊まれるとのこと、中はメゾネットになっていて、上は屋根裏って感じ。子供は楽しそうかな。
f:id:flyfisher417:20190822183217j:plain
f:id:flyfisher417:20190822183248j:plain
f:id:flyfisher417:20190822183307j:plain
寝床を確保。ひと安心して、時間は17時。
最寄りの温泉は本別町の温泉だ。

本別温泉グランドホテル
〒089-3325 北海道中川郡本別町西美里別20
0156-22-3101
https://maps.app.goo.gl/usa2dRskUAy9VvWa7

日帰り温泉は、大人:500円 子供:300円。
入浴時間は13:00~22:00までと、遅くまでやっているのも助かる。

寝不足と一日中カヌー釣りをしていた疲れを癒す。
さっぱりとしたいい温泉だ。

さて晩ご飯はどうしようか。
本別町内にトンテキで有名な店があったが、残念ながら暖簾が下がっていた。残念。
足寄町にもどって、お蕎麦屋さんへ。

そば処 丸三真鍋
〒089-3712 北海道足寄郡足寄町南2条2丁目12
0156-25-2644
https://maps.app.goo.gl/ixGxffnvDQHhLLSGA

f:id:flyfisher417:20190822183536j:plain
f:id:flyfisher417:20190822183555j:plain
f:id:flyfisher417:20190822183612j:plain

天丼とのセット、安心する味で、みんな満腹。
雨が強くなってきた。
バンガローに戻り、今日はゆっくり寝よう。

夜中に雨が強くなり、何より気温が一気に下がっていた。昨日まで日中は30℃超え、夜でも22℃くらいだったが、今晩は15℃まで下がった。
雨音と寒さでこれまたゆっくりは寝られなかった。

翌日も雨は止まず、この旅もいよいよ終わりかな。
最後はこの町で何か遊べないかと調べていると、

足寄動物化石博物館
〒089-3727 北海道足寄郡足寄町郊南1丁目29−25
0156-25-9100
https://maps.app.goo.gl/tUu8bzcHe2nB6Hdy7

なかなか楽しそうかな。
子供も賛成。行ってみよう。
そのままじじばばの家に泊まらせてもらうことにした。

管理人に鍵を返して、出発だ。
そうそう、バンガローの中のポスターに「螺湾ブキ」とあり、子供がなにそれ?というので道の駅に寄っていくことに。
f:id:flyfisher417:20190822195052j:plain
螺湾ブキコロッケも食べてみた。
f:id:flyfisher417:20190822195130j:plain

さ、博物館へ行ってみよう。
f:id:flyfisher417:20190822195404j:plain
f:id:flyfisher417:20190822195452j:plain
f:id:flyfisher417:20190822195525j:plain
f:id:flyfisher417:20190822195546j:plain
思ったより立派。すごい。
アショロアという、町名がついた恐竜が居るというのも知らなかった。
子供はいくつかある体験のなかから、レプリカ作りを選択。
メガロドンという超でかいサメの歯の化石を石膏で型どり色を塗るのも。
f:id:flyfisher417:20190822200012j:plainf:id:flyfisher417:20190822200027j:plain
f:id:flyfisher417:20190822200051j:plain
f:id:flyfisher417:20190822200109j:plain
f:id:flyfisher417:20190822200124j:plain
f:id:flyfisher417:20190822200139j:plain
f:id:flyfisher417:20190822200157j:plain
うまくできたようだ。
さて、お昼はどうしようか。
札幌までのかえり道、んー、インデアンのカレーを食べていこう。

道中、士幌の道の駅で、じゃがいも饅頭と、ポテトチップスをお土産に買って、インデアン音更店へ。
f:id:flyfisher417:20190822203714j:plain
エビカツカレーインデアンルー、インデアンハンバーグ、チキンのオリジナルルーを注文。
f:id:flyfisher417:20190822203830j:plain
f:id:flyfisher417:20190822203847j:plain
f:id:flyfisher417:20190822203918j:plain
鉄の皿がいい。早いしウマイ。
f:id:flyfisher417:20190822204109j:plain

あっという間に完食。
隣に座っていたおばあちゃんも普通に一皿食べていた。一人で来てカレーを一皿食べて帰る。まさにソウルフード。いいね。
お持ち帰りも出来るので、子供は買っていきたいと言ったが、また来たいねと言うことで。

帰り際、トカトカというパン屋さんが気になったので、明日の朝食用に買っていった。
士幌のほうにあったトカトカではソフトクリームがあったようなので、今度はそっちで食べてみたい。

ゆっくりと札幌へ向かい、じじばばの家には18時頃に無事到着。
今回の旅も無事に完了。

カヌー釣り、新しい遊びができることがわかった。
釣の成果はいまいちだったが、朱鞠内湖の変わらない美しさ、道東の新たな体験、次に繋がる旅となった。
くれぐれも、テントサイト選びは慎重に。

夏休み2019カヌー旅 おわり