チミとぺ日記

北海道在住のある家族のあそびや体験を記録した日記

穴釣りレベルアップ作戦

子供も大きくなってきたので、テトラの穴釣りを解禁した。



とは言ってもまだ、慣れないのですぐ側で見守りが必要で、高さの高いテトラはNG。(ライジャケは勿論必須)


ここらで穴釣りレベルアップ作戦を。




いつも使っているロッドは1.8mくらいあり足下直下は釣りづらい。


子供の提案で、穴釣り用のロッドを探すことに。
今回は子供に検索をお願いした。


数分後、感心したことに、ロッドの長さ、価格などの比較表を手書きで作成し、プレゼン。



全長90cmだとグリップがこの位で、と、コンベックスを使ってイメージを伝える。

やるじゃないか。
と言うか意気込みがすごい。



となればこっちもマジで考えよう。



まずは最寄りの釣具屋に90cmくらいの穴釣りロッドは無いかと実店舗を回ったが、無し。


では、ネットで注文だ。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スマイルシップ さぐりパラダイスII 90 レッド SmileShip
価格:2380円(税込、送料別) (2021/10/6時点)



つりよかでも使っていたとの事。


到着して、手持ちのベイトリールをセットすると、色もマッチ。
f:id:flyfisher417:20211010092359j:plain

かっこいいじゃん。


待ちきれず早速、体温計のケースを釣り上げた。
しかもバス持ち。
f:id:flyfisher417:20211010092507j:plain


こんな画像を仕事中に送られると、すぐに行かなければとソワソワしてしまう。

幸い、今日はすぐに仕事が終わったので伊達漁港に5分で到着。


しかし河口側の低いテトラは鮭釣りの人でいっぱい。


もう薄暗くなってきたが、虻田漁港へ15分走る。



ヘッドライトを準備して、照明があり足元が見やすいところで粘るが、反応無し。


んー、ニューロッドの入魂はお預けかなと諦めかけていた時、穴を移動しようと仕掛けを引き上げると、小さいイソガニがついてきた。




顔を見合わせ、意見は一致。




コイツをエサにしよう。


一投目。



コンコン、ゴン。


即アワセ、しかしグリップエンドがいつもより短く、脇に挟めない。


力が入らない。



デカい。



リールを巻き続けるがなかなか上がってこない。


嗚呼、
ドラグがなんかゆるゆる。



バレるな、頑張れ、色々な調整をしながらなんとか引っこ抜いたのは

f:id:flyfisher417:20211010095015j:plain
f:id:flyfisher417:20211010095048j:plain


やった、100点満点の入魂。


大満足の結果に興奮気味で帰宅。


「さぐパラ」が我が家の釣り道具に仲間入りした。


週末。


イソガニをエサにするといい事が起こりそうだということで、まずは土曜日イソガニ調達。
f:id:flyfisher417:20211010101549j:plain

大好きなカニ取りで、一石二鳥。
f:id:flyfisher417:20211010101640j:plain

しかしここは無限にカニ居るな。

でかいのもいた。
でもこれはエサには向かないのでリリース。

f:id:flyfisher417:20211010101754j:plain


さて日曜日。
天気がいいので静狩まで足を伸ばした。
f:id:flyfisher417:20211010102310j:plain

さっそく、イソガニをエサに。

エサ用に使う時はちょっと可哀想だが、足をとる
f:id:flyfisher417:20211010101908j:plain


さぐパラの出番。
f:id:flyfisher417:20211010102038j:plain



ダブルで

f:id:flyfisher417:20211010102247j:plain


結果としては、カニのエサはオールマイティなわけでなく、従前のイカなどのエサが優勢。


使い分けて、選択肢のひとつという事だ。


やっぱりいつものイカでも釣れる
ソイ
f:id:flyfisher417:20211010102148j:plain


かくして、穴釣りのレベルアップ作戦は、まずまず成功ということで、これからのさぐパラの活躍に期待したい。