チミとぺ日記

北海道在住のある家族のあそびや体験を記録した日記

春のおうちご飯

今年は春を味わう時間が長い気がする。


GWは旅行で伊達を離れていたため、いつもあっという間に過ぎ去る春を、逃してしまうと危惧していた。


今年はそんなことは無かった。


最近、春に夏日を迎えたり、安定しない気候となる年が多かったのかも。


今年は徐々に気温が上昇し、雨が少なかったせいか、植物の育ちがややゆっくりかも。


花々は日々少しずつ成長し、その移ろいをしっかりと感じることが出来るからうれしい。





子供の通学路の、八重桜のトンネル。

こんな通学路、ステキすぎる。


リスも元気だ。
冬毛が抜けるシーズンなのか、体の模様がマダラ。


おうちの植物も、ブルーベリーとサルビアが仲間入り。


サルビアは、博多で見た花が可愛くて、子供が気に入ったため、ホーマックで偶然見つけた時に購入。

(博多のホテルの横に咲いていたサルビア


どんな花が咲くかな。
楽しみだ。



八重桜が満開ということは、ウドが出てるんじゃないかな。


いつもの近くの山へ。

あった。

フキもいい感じのがあった。

ついでに、あの公園のミツバも。



ゆっくりしようと言っていた、土曜日は、なんだかんだで、忙しく。


「鯛めし作るよ」
子供の一言で、連子鯛を解凍、捌いてアラを塩焼きして、出汁を取って・・。


あの本に載っていたレシピに忠実に、非常に手間のかかる工程を3時間ほどかけてこなした。


えらい。

黄金色の出汁は最高。

その出汁で炊いたご飯もまた最高。
これはもはや料亭の味。



平行して山菜たちも仕上げるとなると、家族総出で役割分担。


父:フキの下処理、ウドの下処理、ウド天ぷら、ウドの酢味噌
母:ミツバお浸し、ウドのきんぴら、その他全般サポート
子供:連子鯛の鯛めし

まずはスミソニアン

子供の4年生の作文に登場した、ウドのスミソニアン

冗談で言っていたら作文にまで登場し、全米が驚愕。


きんぴら

こっちはチンピラって言わなくて良かった。


天ぷら

今日は上手く揚がったな。


公園のミツバのおしたし

ワイルドなハーブ感はスーパーでは買えない。


「今日はセーブしないで食べたいだけ食べるよ」
料亭級の鯛めしは、瞬く間におかわり2回、よく食べました。

は~満腹。気づけば21時。
食べるのはあっという間。


さて、翌日の日曜日は晴れ。

でも風が少し強い。


カニ釣りしたいな」

よし、行きましょう。
いつもの道具作ってと。

いつもの岩場にはいつものイソガニが。


相変わらずいっぱい居る。
大きいのがけっこうとれた。

ボンゴレと、トマトソースかな」
「炊き込みご飯も」

カニ釣りを楽しみながら、晩御飯の想像を。


飽きるほどカニ釣りを堪能し、少し室蘭観光地巡りを。


そういや、地球岬測量山もちゃんと連れて行ったことないや。

測量山


んー、天然の良港。


さて今晩も、春のおうちご飯だ。

いやあ大きいの取れたね。



ボンゴレとトマトソースパスタ。


トマトソースは、ピザソース用に作っておいたベースのソースに、白ワイン蒸ししたカニを潰して煮詰めて裏ごし。

出汁完成


トマトソースに混ぜれば一丁上がり。

おつぎはボンゴレ
これはもうお手の物だね。
子供におまかせ。


今日も、美味しくいただきました。


と、宅急便。

お、ダイワのライフジャケット届いたな。



いいねえ、カッコイイ。
子供でも腰ベルトはピッタリに調整できるのがうれしい。

さて、初夏に向けて、春のエネルギーは満タンクです。


何を釣りに、どこに行こうかね。